学校法人桜水会 土浦看護専門学校

「専修学校リカレント教育総合推進プロジェクト」事業成果報告書 学び直し講座による潜在看護師の復職支援モデル事業

事業実施

実施体制

本事業では、以下のような構成機関からの参画者により実施委員会を組織し、事業を推進した。
構成機関役割都道府県
学校法人桜水会 土浦看護専門学校事業統括茨城県
学校法人宮崎総合学院 小林看護医療専門学校調査・開発宮崎県
学校法人西野学園 札幌医学技術福祉歯科専門学校調査・開発北海道
一般社団法人北九州市小倉医師会 北九州市小倉看護専門学校調査・開発福岡県
医療法人社団桜水会 筑波病院調査・実証茨城県
公益社団法人取手市医師会
取手北相馬保健医療センター医師会病院
調査・実証茨城県
社会医療法人社団蛍水会 名戸ヶ谷病院調査・実証千葉県
社会医療法人若竹会 つくばセントラル病院調査・実証茨城県
医療法人聖和会 つくば病院調査・実証茨城県
公益社団法人茨城県看護協会評価茨城県
一般社団法人日本環境保健機構評価東京都
一般財団法人福祉教育支援協会評価埼玉県
株式会社東京リーガルマインド開発東京都
メディカル・ソリューションズ・ジャパン開発福岡県
図表 1 実施委員会構成機関

実施内容

本事業では、以下の取組を実施した。

○実施委員会
○調査
 ①看護師を対象としたアンケート調査
 ②医療職向けの研修に関する事例調査
○開発
 ①学び直し講座開設のための検討
 ②モデルカリキュラム開発
以下、各取組の概略について報告する。
 

調査

調査①:看護師を対象としたアンケート調査
【調査目的】看護師を対象として学び直し講座の受講ニーズを明らかにするとともに、潜在看護師が復職する上で必要としている支援内容を明らかにする。
【調査対象】茨城県内の病院・福祉施設・その他の施設に勤務する看護師及び離職中の潜在看護師300名。
【調査手法】茨城県内の病院に調査票を配布し、回答を依頼。
【調査結果】 241名から回答。回収率80.3%。以下結果の概要。

○復職する際に希望する支援内容では、「専門技術の再訓練」「現代医療事情の講義」「復職支援について相談できる相手の設定」が多く回答されていた。

○復職のために受講するのが望ましい講座では、「倫理学」「看護をめぐる法律と制度(最近の動向)」「医療安全、感染対策」「フィジカルアセスメント」が多く回答されていた。

○復職のために受講する講座の形式では「講義形式」が多く、受講しやすい曜日では「月~金(平日)」、受講しやすい時間帯では「午前中」を希望する回答が多かった。また、1日当たりの学習時間では「1時間」と「2時間」が、1週間当たりの受講日では「2日」、受講期間は「1ヵ月」の希望が多かった。

調査②:医療職向けの研修に関する事例調査

【調査目的】医療職向けに実施されている研修の事例を収集し、研修の方式や受講者のサポート方法などについての参考資料とする。
【調査対象】全国で実施されている医療職(看護師に限定しない)向けの研修事例。
【調査手法】インターネットや文献等を用いる。
【調査結果】20件の事例を収集。以下結果の概要。

○研修の方式は、「講義」や「グループワーク」が多い。「演習」「実習」を行っているものもある。

○eラーニングを使用しているものは1件で、研修の様子を撮影した映像を使用している。

○受講者のサポートは、メールアドレスが記載されているものもあるが、電話番号が記載されているものが殆ど。電話によるサポートが中心と思われる。

開発

開発①:学び直し講座開設のための検討
【目的】潜在看護師の復職支援モデルとなる学び直し講座を開設するために整理が必要な項目について検討し、実施モデルとして構築する。
【概要】受講者募集方法、講座の期間、集合学習の曜日・時間帯、eラーニングのプラットフォーム、復職支援方法等の項目について検討し、1つのモデルとして整理した。

開発②:モデルカリキュラム開発

【目的学び直し講座で実施する教育内容や教育計画を明確にするために、カリキュラムの構成を検討し、コマシラバスの形で整理する。
【概要】1項目をeラーニングによる知識学習と、ピアミーティングとケーススタディからなる集合学習とで構成し、全8項目を設定した。1項目の学習時間は、知識学習が4時間程度、集合学習が3時間程度で、全56時間となる。運用方法としては、1週間に1項目を実施して8週間で行うパターンと、2週間で1項目を実施して16週間で行うパターンとを想定している。